上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた前回の記事から間が空いてしまいました。

その間、何をしていたかといえば
Jenny誌復刻版1・‘90春号に掲載の
鹿鳴館時代ドレスにチャレンジしておりました。


そういえばこの頃のJenny誌といえば
型紙のすべてが実物大というワケではなく、このドレスも一部がそう。
腰のドレープが扇形で「こういう風に型紙を引きましょう!」とあるのですが
お裁縫の知識がない私はナニコレ?状態^_^;

一応、洋裁をしていた母に助言を仰ぐものの、ブランクが長いため
「えーと、これでできると思うで・・・たぶん…」とかなり曖昧。
果たしてきちんと形になるのか不安になったのは初めてです。

今回はそういう事情もあり、失敗してもいいように
生地もプリントのコットンを使ったのですが
本にあるようなサテンとは違い、ドレープが綺麗に出ませんでした。


そんなアラだらけのドレスですが
そこはマリーンさんの愛らしさでカバー(笑)

ヘッドドレスはドールブック№14のもの。
レースの傘はキャッスル製。

DSC01588.jpg

DSC01606.jpg

背景はひっそり通わせていただいているサイト様を参考に
それらしきものを作ってみました。

やはり背景があるのとないのでは
雰囲気が違って見える・・・かな?




=================================

♥前回の記事&過去記事に拍手を下さった方々、ご訪問ありがとうございます♥


スポンサーサイト
Jenny誌・総集編1の型紙を使って
スコットランド民族衣装を作ってみました。

モデルはジュリアさん。


掲載されているジャケットはグリーンですが
ここは敢えて黒で。

華やかな赤と厳格な黒のコントラストが
見栄え良く、未熟な腕をバッチリとカバーしてくれました(;´∀`A


DSC01569.jpg

DSC01564.jpg


もちろんモデルが良い、ということもあるんですけど^^




=================================

♥前回の記事&過去記事に拍手を下さった方々、ご訪問ありがとうございます♥



| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。